▶広告費ゼロで利益4倍!動画講座を無料公開中!

なぜ車屋の集客はうまくいかないのか?車屋が成功するためには全ての手段と目的を明確にすること

車屋 成功

こんにちは。車営業の仕組み化構築コンサルタント、野瀬貴士です。

車屋や整備工場が車の販売数を増やしたい!と考えた時にみなさん最初に取り掛かろうとするのが「集客」です。

その集客手法は沢山あり、アナログの手法からネットでの集客など様々です。

このサイトでも集客の手法はお伝えしているのですが、実際には100%これをやれば確実だ!というものはありません。

私自身はブログを書いて、YouTube、インスタ、Facebook、Twitter、LINE、WEB広告などネット集客は全て実践してきました。

その実践してきた結果を元にお伝えしていますが、ただそのツールを使えば集客が成功するわけではございません。

多くの車屋さんは売上アップを目指して最初に取り組むのは集客だ!と集客を重視し、コンサルを依頼したりして集客アップを目指すのですが、ほとんどが結果を出せずに中途半端で終わってしまいます。

なぜ多くの車屋さんの集客がうまくいかいのでしょうか?

それは、集客以前の問題があるからです。ですがその問題にほとんどの車屋さんは気づいていないのです。

そこで、この記事では、集客を考える前にぜひ知って欲しい車屋で成功する方法をお伝えしたいと思います。

▼関連記事
車が売れない自動車販売店の原因は集客ができないからではない理由と売れる自動車販売店になるために必要なこと

音声配信

Spotify(スポティファイ)配信はこちら

Apple Podcast 配信はこちら

Google Podcast 配信はこちら

なぜ車屋の集客はうまくいかないのか?

その理由はすぐに結果を求めているからなのですが、集客を成功していくためには「時間・お金」のどちらか、もしくは両方を使っていく覚悟が必要になります。

ブログでのSEOや流行りのYouTubeも投稿していくためには膨大な時間が必要になります。

インスタなどのSNSは毎日のように運用していくことが必要なので、こちらも時間がかかってきます。

そして、集客はコンサルなどの業者にお願いしても自分自身が努力をしない限りうまくいかないのです。

しかし、多くの人は「お願いすれば勝手にお客さんが来る」と思っています。

広告を出せばすぐにお客さんが車をください!とお店に殺到すると思っています。

ほとんどの車屋さんは、集客ツールを使えば勝手にお客がくる!と勘違いしています。

実際にはそんな魔法なんてありません。

時間とお金を使う覚悟と自分自身が実践する覚悟がないので、集客を最優先しながらいつまでも集客が成功しないのです。

多くの会社はツールを使うことが目的となっている

集客に失敗する車屋の100%がツールを使うことが目的になっています。

ブログを書く人であればブログを書くことが目的。

動画をやる人は編集や動画を撮ることが目的。

SNSを上げることが目的。

チラシをまくことが目的。

など、目の前のことが目的になってしまいます。

集客のためのツールではあるのですが、もっと細かく言えば全ての目的は異なります。

ツールはあくまであなたの目的に対する手段でしかありません。

例えば、私の場合だとブログでの情報発信は、私が設定している対象とするお客様の役に立つ情報を発信することで私や会社のことを深く知っていただき、信頼を集め、ファンになっていただくことを目的にブログというツールを使っています。

といったように具体的かつ明確にツールの目的を決定していない会社が多いから集客は失敗するのです。

またインスタなどのSNSはそもそもが告知媒体になるので集客で使うツールではなくお客様への認知とコミュニケーションというためのツールなので突出した集客は向いていないでしょう。

ほとんどの車屋さんは自分の会社にあったツールの選定が出来ていない

目的を明確に決めないため、自分の会社にとって最適なツールの選択が出来ていません。

動画いい!と流行っているから動画に手を出す。

広告をした方がいい!と言われたから広告費を突っ込む。

インスタがいいから。

最近ではTikTokがいいからと手を出しています。

会社の規模、販売する商品、商圏、ターゲット客層などによってもどのツールを使えばいいのかはことなるはずです。

そこを考えずに集客ツールをとにかく使えば集客できると考えていれば確実にあなたの会社の集客はうまくいかないでしょう。

つまり、集客ツールは、どんなお客様に対して、どんな効果を期待するのかを目的を明確にした上で集客ツールを選定しないと手段である集客ツールを行うことが目的になってしまうのです。

このように多くの会社は手段と目的が逆転してしまっています。

先に目的を明確にすれば先に手をつけるところは集客ではないということに気づくことになるでしょう。

▼関連記事
ほとんどの車屋さんが集客の「やり方」ばかりを求めているから成功できない!集客の前に行った方がいい成約率アップとはどういう意味?

なんのための集客なのかを考えたら今すべきことが見えてきます

集客もあくまで手段です。

では何の為に集客をするのでしょうか?

と質問したらほとんどの社長は。「そんなこと決まっているよ!売上アップの為には集客力が必要だからだよ」と答えるでしょう。

果たして本当に売上アップの為には集客がもっとも有効な手段なのでしょうか?

集客が目的になって集客できたとしても売上にはならないですよね?

お客さんが集まったけど売れませんでしたとなるかもしれません。

逆に、売上を上げることが目的であれば集客が最初ではないことに気づけるはずです。

売上を上げる為には成約率を上げる営業力強化が必要になってきます。

つまり、ほとんどの車屋の社長は、売上アップが目的なのに、売ることに直結しない「集客」に力を入れてしまっているのです。

これが手段と目的が間違ってしまっている会社に起こってしまう悲劇です。

あなたの会社は自社の目的は全てにおいて明確になっていますか?

集客に力を入れる前にまずはそこから決めていくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました