▶広告費ゼロで利益4倍!動画講座を無料公開中!

カーセンサー掲載料を払う前に売上を上げる方法を知りたくないですか?

カーセンサー掲載料

こんにちは。車営業の仕組み化構築コンサルタント、野瀬貴士です。

カーセンサーへ掲載して集客を考える車屋さんや整備工場は多いと思います。

そして、中古車販売を考えた時に集客はカーセンサーやグーに頼りきりになってしまいます。

高い掲載料を払って、さらに広告費も必要になっていくと売るためには仕方がない…と思いながら、利益を削りながら薄利でも仕方ながないと思いながら掲載をやめられなくなっている。

そんな車屋さんや整備工場から今まで沢山ご相談をいただいてきました。

私はそこから抜け出し自社サイトで集客、販売の仕組みを作ることができましたが、今すぐカーセンサーへの掲載をやめて自社サイトに切り替えると言うのは、集客手段を失ってしまう恐れからなかなかできることではないと思います。

集客力を高めていくにはもの凄い労力と時間がかかります。

もし、カーセンサーの掲載料や広告を減らしながら販売できる手法があるとしたらどうでしょうか?

多くの会社が集客に頭を悩ませているのですが、実はその前に売上を上げる方法はあるのです。

この記事では、なぜカーセンサーへの掲載はやめた方がいいのか?

そして、カーセンサーの掲載を検討している社長にカーセンサー掲載料を払わずに売上を上げる方法をお伝えしたいと思います。

音声配信

Spotify(スポティファイ)配信はこちら

Apple Podcast 配信はこちら

Google Podcast 配信はこちら

なぜカーセンサーへ掲載しない方がいいのか?

その理由は何度もいっていますが、カーセンサーの掲載料が大きく利益を損なってしまうからです。

カーセンサーの掲載料金は地域や条件によって大きく変わります。

私がカーセンサーに掲載していたときは40台前後の掲載台数で、大体月に30~50万円の掲載料を支払っていました。

これは売れても売れなくても変わらずにわかりやすくいえば雑誌の掲載のWEB版といった感じでしょうか。

台数が毎月売れればいいのですが、近隣ライバル店舗の掲載も多いので100%売れる可能性はありません。

その為、広告費をさらにかけて販売をしないと売れない場合もあります。

安い車しか反応がないのでなかなか利益を出せない車屋が多いのではないでしょうか。

▼関連記事
カーセンサー・グーに頼り続ける中古車屋がいつまでもやめられない理由と「カーセンサー・グーをやめて利益アップする方法」

カーセンサー掲載=売上にはならない理由

多くの自動車販売店は、集客=売り上げアップと思っています。

ホームページを持っている会社もありますがアクセスはほとんどないのでそこから販売を考えられないところが多いでしょう。

なのでアクセスの多いカーセンサーが集客力があると思っている人が多いのですが、アクセスが多くても成約に繋がなければ意味がありません。

カーセンサーは膨大なアクセスがあり、月間訪問者は780万人ほどの訪問で、確かに多くの人が訪問しています。

しかし、そのアクセスは全国からのアクセスになるのであなたの会社目掛けてくるものではありません。

当然価格で比較されるので成約に結びつくかどうかはわかりません。

掲載車へアクセスがあったとしても比較されていけば成約率は高くならないでしょう。

その賭けをお金を払い続けてやっているのは非常にリスクがありますよね。

カーセンサーへ掲載料を支払い掲載する前にできることがあります

カーセンサーへ掲載する前に売上を上げることができます。

それはこのブログでもお伝えしたことがありますが、既存客へのアプローチと営業の仕組みを作っての成約率のアップです。

集客力を強化したところで購入してもらえなければ成約になりません。

これは誰しもわかっているはずなのですが、なぜかほとんどの社長さんは集客を第一に考えます。

ですが集客だけを考えた会社の売上は上がらない場合が多いです。

例えば、これは売れない車屋によくあるパターンですが、

  • 展示場が汚い。
  • POPが入ってない。
  • のぼり旗が破れて変色している。
  • 埃まみれの車。
  • 従業員が暗く挨拶もない。
  • タバコ臭い営業マン。
  • 来客したらいきなり売りつけようとセールスしてくる。

この状態で集客ができたとしても売れるでしょうか?

集客が逆効果になるはずです。

そう考えたら、集客ではなくまずはお客様に購入してもらえる環境を整えることがまず先です。

単純に今の来場者数でも成約率をあげれば売上は上がるのですから。

今成約率が低かったら集客数を増やしても売上アップは見込めません。

カーセンサーへ掲載したら売れる!ではないのです。

今カーセンサーに掲載しなくても売上はあげられます。

その方法は営業の仕組み化です。

営業の仕組みを作って、成約率を上げ利益をしっかり出せるようになってから集客の仕組み作りに取り掛かっても遅くはありません。

▼関連記事
ほとんどの車屋さんが集客の「やり方」ばかりを求めているから成功できない!集客の前に行った方がいい成約率アップとはどういう意味?

車営業の仕組みを構築すれば利益も売上も今より2倍になります

集客の前になぜ売れないのか?を考えることが重要です。

売れない理由は集客できないからではなく、営業の仕方に問題があるからです。

集客を増やしても売れるかどうかは営業力の強化にかかっています。

お客様をたくさん集めても売れなければ集客にお金をかける意味はありません。

単純に成約率が今の2倍になれば売上が大きく上がるのですから。

集客はその後です。

成約率を高める営業力の強化を行ってから集客を考えるから売上アップが加速します。

まずは安定的な売上確保の為に営業力の強化です。

そこで安定した利益をあげてからその利益を集客に投資するのです。

そうすることで一気に売上を伸ばすことが可能になります。

その為には

あなたの会社での営業の仕組みを構築する必要があります。

私のコンサルティングでは、集客よりも大事で、売上に直結する営業の仕組み化も指導しています。

実践し結果を出してきた体系化されたノウハウです。

タイトルとURLをコピーしました