▶値引きなし即決で車を販売する秘訣

自動車販売会社が生き残るには新規事業でFC加盟すれば売上が上がると考えている社長に知って欲しいこと

自動車販売店 生き残り

こんにちは。車営業の仕組み化構築コンサルタント、野瀬貴士です。

カーディラー、自動車販売会社などクルマ販売は少子化もあり車が売れなくなって来ている中でコロナ禍となり、より危機感を抱いている社長も多いと思います。

その中で、大手のコンサルティング会社は新規事業で新たな顧客開拓という謳い文句で、FC加盟などを提案しています。

既存の事業での売上が落ちてきたら新規事業を考えることは、経営者である社長であれば当然なのですが、焦って新規事業に手を出してしまうともしかしたら失敗する可能性もあります。

もちろん新規事業を考えることを否定するわけではないのですが、売上アップを考えているのなら新規事業に手を出すよりも、もっと単純に売上が上がる方法があります。

この方法を先に導入してから新規事業を考えても遅くはないと思います。

そこで、売上アップには新規事業のFC加盟しかないか?と考えている自動車販売会社やカーディラーの社長に知って欲しいことをこれからお伝えしたいと思います。

音声配信

Spotify(スポティファイ)配信はこちら

Apple Podcast 配信はこちら

Google Podcast 配信はこちら

新規事業を導入すれば確実に今より売上が上がるって本当?

大手コンサルティング会社などでは、月々1万円で新車が乗れる、中古車39.8万円の新業態!などでFC加盟を募集しているところもあります。

その説明会などでは、素晴らしい数字の事例を見せられるので、自分の会社も同じように売上が一気にアップするのではないか?と期待する社長が多いと思います。

その新規事業が成功し長く継続していくのでしたら確かに売上は上がるでしょうし、事業の新たな柱となるかもしれません。

しかし、新規事業を行うということは、新規客の集客もしないといけなくなります。

新規客の集客が先ということは、その新規事業をやるから売上が上がるのではなく、その前にお客さんを集めないといけないのです。

なので、FC加盟して最初にやることはLP(集客専用のホームページ)などを作ってネット広告費をかけた集客となります。

つまり、売上を上げる為に初期投資で数千万円~数億円かかり、FC加盟金を払い、コンサル費用以外にさらに集客の為の広告費にもお金がかかってしまうのです。

そう考えたら新規事業のFC加盟で今よりも売上が「すぐに」上がることはあるのでしょうか?

実際にこのようなコンサルティング会社に依頼して倒産しかけた会社もあります。

▼関連記事
中古車販売会社が某大手コンサル会社に依頼して失敗。コンサル会社が明かさない不都合な真実とは?

上記の記事を読んでいただければ新規事業のFC加盟での集客は今すぐの売上アップには繋がらないことがわかると思います。

では、売上アップの為には何から始めたらいいのでしょうか?

自動車販売店やカーディラーが売上アップの為に今すぐ取り掛かることは営業の仕組み化です

自動車販売店やカーディラーの社長が売上アップを考えた時に最初に浮かぶのは「集客」になると思います。

ほとんどの社長は集客=売上アップと考えてしまいがちです。

FC加盟の新規事業でも集客を頑張らなければお客さんは商談のテーブルにもついてもらえないですよね。

ですが、あなたの会社では毎月一定数のお客さんはきていると思います。

その中で、どれくらいの成約があり、どれくらい取りこぼしているでしょうか?

その数を社長のあなたは把握していますか?

新規事業を行ったとしても、成約率が低ければいくら集客にお金をかけたとしても販売台数はさほど増えません。

自動車販売は、お店にお客様が足を運んだ後に営業が成功して初めてお買い上げとなります。

大切なので何度もお伝えしますが、新規事業のFCを導入したとしてもすぐに売上が上がるわけではないのです。

逆に営業の仕組み化を導入して、成約率を今より10%上げることができたらどうでしょうか?

仮に30%の成約率が40%になっただけで1店舗あたりの粗利益が大きく増えます。

こちらの方が「すぐに」売上を上げる方法だと思いませんか?

FC加盟して広告にもお金をかけて集客を頑張って利益を失っていくのか、成約率を上げて利益を増やすか?ではどちらが効率よくすぐに売上をアップすることができるかお分かりですよね?

▼関連記事
【売上アップ=集客しかない!】自動車販売会社の売上をアップする為に必要なこととは?

新規事業でも、集客もそれをやればすぐに結果につながるわけではありません。

新規事業には集客に力を入れないといけないという壁があり、さらに集客には広告にお金をかけ続けないといけないという落とし穴もあります。

これを売上が落ちている時に導入しても社長の不安はなくならないと思います。

大手コンサルティング会社はそんな社長の不安を煽ってきます。

売上を最短で上げる方法は成約率をアップさせる営業力の強化です。

営業の仕組み化を導入して、売上を今より2倍、3倍にすることで社長の不安はなくなります。

新規事業にお金をかけるのではなく、まずは既存の事業での成約率の見直しこそが最短で結果を出せる秘訣です。

タイトルとURLをコピーしました