▶値引きなし即決で車を販売する秘訣

車屋の看板で集客ってできるの?あなたのお店が看板で集客できない理由と看板集客のコツ

車屋 看板

こんにちは。車営業の仕組み化構築コンサルタント、野瀬貴士です。

車屋さんや整備、板金などでも看板を利用しているというところは多いと思います。

ですが、その看板はあなたのお店にお客様を運んでいますか?

今はネットの時代だから今更看板で集客なんて効果はない!と思う方もいると思います。

もう活用していない。

看板はあるけど、ただのお飾りになっている。

そんなお店も多いでしょう。

では、なぜあなたのお店は看板ではお客様がこないのか?

そして、看板で集客できる簡単なコツがあったら知りたいと思いませんか?

この記事では、看板集客について解説していきたいと思います。

▼動画解説バージョンも分かりやすくてオススメです

あなたのお店の看板で集客できない理由

そもそもですが、あなたのお店の看板はなぜ集客できないのか?と考えたことはありますか?

おそらく全く考えたことはないと思います。

多くのお店が間違ってしまうのは、看板がお客様に向いていないことです。

例えば、「〇〇自動車」や「〇〇オート」といった看板を掲げるお店が多いと思うのですが、あなたはその看板を外で見かけてそのお店に行こうと思うでしょうか?

おそらく気にとめずに看板があることすら気づかないと思います。

これと同じことに、インターネットショッピングも同様にあります。

アマゾンや楽天などで買い物したことがあると思いますが、買い物したお店の名前をあなたはどれくれらい知っているでしょうか?

おそらくかなりリピートしているお店か、有名な会社のお店以外の名前は覚えていないのではないでしょうか?

その理由は、「お店の名前をショップの名前にしているから」です。

看板も実はこれと同じことなんです。

あなたのお店の名前なんて、初めて来店する方なんて知らないはずです。

看板で名前を見せられても知らないものは情報として目に入ってこないのです。

これが看板を出しても反応がない理由です。

ではそもそも看板は必要で効果はあるのでしょうか?

看板が必要な理由

実はセブンイレブンや大手などは看板を結構出しています。

高速道路や郊外のロードサイドを走っていると、あと何メートルでセブンイレブンなどの看板が、何キロかごとに見えてきます。

セブンイレブンは元々誰もが知っているのでお店の名前で効果があるのですが、大手が看板を利用しているということは看板は集客に効果があるということになります。

ただし、これは大手だから数キロごとに看板を出すことができるのできるのですが、私たちでは看板を出せて一つか二つでしょう。

車屋が看板で集客するコツとは?

看板で見せるべきものは、お店の名前ではありません。

お客様になりえる人が興味を示す看板です。

その時に知って欲しいことは、3つあります。

  1. 誰に?
  2. 何を?
  3. どこで?

です。

これをもっとわかりやすくすると、

どんなお客様に、どんな商品を、どこで販売しているのか?をお客様にとってわかりやすく告知することです。

例えば、私のお店では、「ミニバン専門店」を看板でも打ちだしています。

その理由は、「ミニバンを探しているファミリー層に、〇〇円から買える、ミニバン専門店が、どこどこ曲がればすぐあるよ」とお客様にお知らせしているのですね。

お店の名前では反応してくれませんが、ターゲットが明確なのでミニバンを探している人にとっては目に入りやすくなります。

これ以外でも、お客様の悩みに合わせたキャッチコピーを使って視覚に入れて記憶させる方法などもあるので、看板は結構奥が深いのです。

板金でも、整備でも看板で集客はこのようにやれば可能です。

機能しない看板に無駄に広告費を払うのではなく、集客ツールに変わる看板にすることでその通りを利用する潜在的なお客様に知ってもらえるのです。

知ってもらった後にホームページやブログなどを見るはずなので、やはりホームページやブログは看板ともリンクさせていくとより成約率も高くなります。

タイトルとURLをコピーしました