▶広告費ゼロで利益4倍!動画講座を無料公開中!

中古車販売店のホームページは安さをウリにした「おすすめ車」「WEB限定目玉車」の掲載したら集客できる?

中古車販売店,ホームページ

こんにちは。車営業の仕組み化構築コンサルタント、野瀬貴士です。

中古車販売店に集客やマーケティングなどを指導してくれるコンサルティング会社は探すと結構あります。

中には大手のコンサルティング会社もあるのでセミナーなどに参加された方もいるのではないでしょうか?

そのようなセミナーでもWEB集客について教えているところも多いと思います。

そこでセミナーを受けた方からご相談がありました。

セミナーでは、ホームページは安い車をメインに掲載した方がアクセスも取れて来店につながると教わりました。

野瀬さんが言っていることと全く違ったのですが、安い車を掲載した方が集客できるのですか?

という質問です。

これを聞いた時にはびっくりしました。

それはどんな理由でそうした方がいいと言っているのか?と聞いたところ、WEBで中古車を探すお客様は低予算で探す人が多いので、「安くていっぱい在庫を持っているお店」というイメージをユーザーに与えることでホームページから来店に繋がりやすくなるという理論でした。

確かに安さで探す人もそれなり多いと思います。

しかし、それを自社ホームページでやってしまうことはこれから先もカーセンサーやグーから抜け出せないことになってしまいます。

この記事では、なぜ格安車・激安車の掲載では集客できないのか?その理由と、ホームページ集客の本質をお伝えいたします。

中古車販売店のホームページは安さをウリにした「おすすめ車」「WEB限定目玉車」の掲載では集客できない理由

お客様は激安の車をWEBで求めている。

これは本当のことでしょうか?

価格で検索するのでしたらカーセンサーやグーで十分なはずです。

わざわざGoogleなどで検索せずにカーセンサー内で検索すればいいのですから。

そして、WEB限定目玉車を掲載してもそれが売れてしまえば釣り広告となってしまいます。

その目玉車を目当てに来店したお客様に違う高い車を営業で売れ!というのがこのノウハウの本当のところだと思いますが、それではお客様との信頼関係は大きく失われて、悪い印象が拡散されてしまう結果となります。

お客様はネット検索する時には価格以外ものを検索します。

なので、ホームページで打ち出すのは価格ではないのです。

▼関連記事
中古車販売店がカーセンサー・グーなどのポータルサイトから抜け出し自社サイトで車を販売するために今すぐ取り組んだ方が良いこととは?

中古車販売店がホームページで打ち出すものとは?

車の情報は必要なのですが、それだけでは集客に繋がりません。

多くの中古車販売店は高い金額を払ってホームページを作ったのはいいがアクセス数も伸びずにただの飾りとなってしまっていると思います。

ホームページは検索されないと、知り合いやお店を知っている方(既存客)などのお客様にしか見られません。

お店名で検索する人=お店を知っている人

になるわけです。

ホームページをやっている人はここに気づいていないのです。

では、何を打ち出せばいいのでしょうか?

それは、

お客様が不安に感じている点を解消するもの(故障するのかどうなのか?=展示車の整備はどうなっているのか?)

また、お客様が必要としているお店独自のウリ(強み)の打ち出しなどが必要です。

▼関連記事
車屋集客に必要な自社の強み(USP)を間違ってませんか?売ってください!とお客が集まる中古車販売集客術とは?

中古車のWEB集客!ホームページに必要なものは検索される媒体です!

先ほどもお伝えしたように、ホームページは検索されるようになることが集客する為には「必須条件」です。

なのでホームページには検索されるようにブログでのコンテンツが必要になります。

ブログでは、お客様が知りたいこと、困っていることをメインに記事を増やしていきます。

そしてそのブログ記事をSNSでもシェアしていくことで、検索流入を増やし、あなたのお店に興味をもった見込み客にホームページの閲覧をしてもらえるようになるのです。

また、ブログでのアクセスアップはホームページの価値を高めることにもつながっていくので、新規客を増やすことにもなります。

検索されるということは、お客様が興味を持って見るということです。

つまり、ブログコンテンツを増やすことでお客様との信頼関係を築いていくことにつながっていきます。

ホームページのWEB広告だけでは成約率は上がりません。

お客様が自ら知りたいこと、困っていることを検索してサイトに入ってくるからこそ信頼関係を築き、成約率アップにもつながるのです。

タイトルとURLをコピーしました