▶値引きなし即決で車を販売する秘訣

カーセンサー・グーで売れないと嘆いている車屋必見!トップ1%の車屋が実践しているたった一つの戦略とは?

カーセンサー・グーネット 集客 売れない

こんにちは。車営業の仕組み化構築の専門家、野瀬貴士です。

「ちょっと前まで中古車は売れていたのですが、ここ最近急激に集客できなくなっています。どうすればいいですか?というご相談をよく伺います。

カーセンサー、グーで販売している中古車販売会社は、中古車販売価格の上昇によって集客できなくなったというところも多いのではないでしょうか。

また、低価格中古車販売のFCに加盟している会社は、中古車の仕入れ価格の上昇によって利益の圧迫となってしまい値上げしなければ利益がない。

しかし、値上げをしたら売れなくなるのではないか?という不安もあると思います。

FC本部に相談しても、とにかく広告費を増やしましょうと言われるだけで、何も対策をしてくれない!と頭を悩ませている社長もいると思います。

どうすれば集客が戻るのだろう?と集客のことばかり考えてしまっていると思います。

世の中の情勢が変わってくると、今まで行っていた集客方法が通用しなくなってしまうことも起こってきます。

今まではなんとかカーセンサーやグーで売れていたけど、そもそも売れていた価格帯の車の仕入れができないという状況になっています。

なんとか売上を上げるには集客しかない!

もっと広告を打たなければ!

FC加盟しかない!と考える社長もいるでしょう。

でも待ってください。実は売れている中古車販売店は集客に力を入れているわけではありません。

FC加盟しているわけではありません。

もっとシンプルな戦略をとっています。

この記事では、「トップ1%が実践しているたった一つの戦略」をお伝えしたいと思います。

▼関連記事
中古車販売店の新業態参入って本当に大丈夫?成功事例のトリックを信用する前に知って欲しいこと

音声配信

You Tube音声配信

Spotify(スポティファイ)配信はこちら

Apple Podcast 配信はこちら

Google Podcast 配信はこちら

なぜカーセンサー・グーで集客が厳しくなってきたのか?

その理由は簡単です。

それはカーセンサーやグーの客層は「安い車」を探しているからです。

できるだけ安く買いたい!という客層が多いため、価格が上がって割高になってしまうと手を出さない人が多いからです。

カーセンサー、グーに掲載している車屋の多くは、購入者のクレームも多くストレスを抱える上に低価格でしか売れないので薄利多売をしないといけません。

しかし、中古車の仕入れ価格が高騰してしまえば高い価格を付けざるを得ません。

カーセンサーやグーに多い「格安車」を探す層を相手にしている場合は当然ですが集客できなくなってきます。

これは、軽39.8万円などのFCも同様です。

もし、あなたの会社が軽39.8万円専門店などの格安をアピールしたFCに加盟していて、そのウリである格安を維持できればいいのですが、仕入れ価格が上がった場合はプライスも値上げしないと利益を恐ろしく失ってしまいます。

もしかしたら現在低価格中古車FCを展開しているところは利益を削らないと仕入れも思ったようにできない負の連鎖となっているところもあるかもしれません。

集客が厳しくなった時に考えることは、どうやって集客すればいいのか?ではない

今まで集客できていたのに集客できなくなってしまった場合に、集客を取り戻すためにはどうすればいいのか?と考える人は多いと思います。

今こそネット集客だ!と考えてコンサルに言われたままネット広告にお金をかけてしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。

なぜなら、今まで売れていたものが低価格の車だったとすれば、広告費を増やして集客を頑張っても値上がりしている車を購入してくれることは難しいからです。

このように、今頑張ることは集客ではありません。

集客ではなく、決定率を上げることです。

つまり、今以上の成約率を上げることで売上を上げることができます。

そして、低価格路線の脱却です。

薄利多売の商売から、高利益率の商売に変えることです。

今後も世界情勢などによって、価格に左右されることはあります。

その時に高くても売れる技術をあなたの会社が身に付けておかないと、今後も売っても売っても利益が出ないと嘆き続けることになってしまいます。

安いから集客できたとしても安くできない今では、その最大のウリを失ってしまっているのです。

この状況はまだ続くでしょう。

車が売れないから集客を頑張るのではなく、売れる営業マンを育成し、高くても車を売れる仕組みを構築することが集客に不安を抱かずに売上をアップさせる近道となります。

売れている中古車販売店のトップ1%は、安さをアピールしてはいません。

集客を頑張ってはいません。

利益率を最大化しながら、成約率をアップさせる「営業の仕組み化」を導入し、トップ営業マンに頼らずに全ての営業マンが能力関係なく車を売れるように育成しているのです。

集客ができたとしても車は商談しなければ売れません。

成約率を上げ、利益率を上げることができれば集客が減った分をカバーしながら売上アップという結果を出すことができるのです。

もし、売上アップという結果が欲しいとお考えでしたら、集客ではなく「営業の仕組み化の構築」を目指してください。

頑張って売っているのに、薄利多売で忙しいのに儲からない、クレームが多いという状況から抜け出し、高利益率でお客様に感謝されながら車を販売出来るようになりますよ!

タイトルとURLをコピーしました